酵素 多い食品

酵素は健康とアンチエイジングに欠かせない

酵素をたっぷり摂ることは、健康やアンチエイジングに非常に大切とされています。年齢を重ねるとともに酵素は減っていくのですが、実は、逆に酵素が減るから老化が進むと言われるほど、重要なものなのです。

 

しかし、食の欧米化にともなって酵素が浪費され、生活習慣病や慢性疾患などの弊害も多く出ています。そんな中で、糖尿病の新しい治療法につながる酵素研究の成果も発表されています。

 

生活習慣病などの根本的な原因は、食生活の乱れとも言われます。それは消化と吸収が適切に行われていないことを意味します。必要な栄養素を吸収できなかったり、逆に過剰摂取したりするわけです。そのことが、各器官の働きに支障を来たし、様々な生活習慣病や慢性疾患を引き起こす要因と考えられるのです。

 

ですから、毎日の食生活の改善こそが、最善の予防策です。酵素を多く含む食品、酵素をたっぷり摂れる食の工夫をご紹介します。

2013/07/21 11:58:21 |
アブラナ科の野菜は解毒効果が高いことで注目されています。アブラナ科の野菜というのは、キャベツ、大根、カブ、白菜、ブロッコリー、カリフラワー、小松菜、菜の花、レッドキャベツ、ケール、芽キャベツ、クレソンなどです。これらの野菜には、自然に生えている状態のとき、グレコシノレートという物質が大量に存在しています。これらの野菜を口の中に入れると、ミロシナーゼという酵素が出現します。咀嚼することでグレコシノレートがスルフォラファンに変換されます。スルフォラファンは、体内に取り込まれると抗酸化物質として活性化し、がんの予防に高い効果を発揮すると言われています。
野菜をすりおろすと酵素の量が増えるの続きはこちら
2013/07/21 11:00:21 |
サンマやサバなど焼き魚に大根おろしが添えられますね。日本の食卓でよく見かける光景です。これは、大根に魚のタンパク質を消化するのに必要なジアスターゼという酵素がたっぷりと含まれているからです。もちろん昔の人が、こうした「理論」を知った上で「サンマと大根おろし」の組み合わせを考えだしたわけではないでしょう。酵素の働きが解明されたのは比較的新しいものですから。経験的に、サンマと大根おろしをいっしょに食べると消化によいことを学んでいたからでしょう。 大根はすりおろすとより効果が高くなる肉や魚などタンパク質の消化には酵素が多く使われます。ですから酵素を多く含む野菜をあわせて食べることで消化吸収を助けるこ...
焼き魚に大根おろしを添えるのはなぜ?の続きはこちら

このページの先頭へ戻る